*

人間が変わる方法は3つしかない~もっとも無意味なのは決意を新たにすること

公開日: : 最終更新日:2017/06/25 キャリアアップ ,

時間と無駄の科学という本に書いてある名言です。

人間が変わる方法は3つしかない。
1つ目は時間配分を変えること。
2つ目は住む場所を変えること。
3つ目は付き合う人を変えること。
どれかひとつだけ選ぶとしたら、時間配分を変えることが最も効果的。
最も無意味なのは「決意を新たにする」ことだ。

なかなか的を得た名言だと思います。

私はこの本を読んでいませんが、この名言だけでなんとなく考察しました。

住む場所を変える

これは私自身の実体験から理解できます。

私が田舎の実家暮らしだったときは、一人で何もできないダメな人間でしたが、引っ越しして一人暮らしをするようになったら変わりました。

そしてさらに、小さなアパート暮らしをやめ、ちょっと郊外の一戸建てで暮らすようになりました。すると、今までほとんどやらなかった家事をするようになりましたし、試験勉強もはかどり、当時目指していた行政書士の資格にも合格することができました(個人的に一戸建てが性に合ってたんでしょう)。

住む場所を変えるメリットは、物理的な効果もあります。

たとえば、遅刻癖が治らないAさん。

決意を新たにして、明日から絶対遅刻しないと決めました。

決意を新たにすることは無意味なので結局遅刻してしまいました。

しかし、遅刻癖が治らないBさんの場合。

遅刻しないように、いっそのこと会社まで徒歩10分で行ける場所へ引っ越ししました。

会社までメチャクチャ近いので、二度と遅刻することは無くなりました。

このように、住む場所を変えると具体的な効果が期待できますね。

地元に縛り付けられたマイルドヤンキーとかも、都会に引っ越しすれば変わるでしょう。

頼れる仲間もいないので、自分が成長するしかないですからね。

今まで地元では受け入れられていたマイルドヤンキーファッションは都会ではくそダサいので、バカにされないように自然と都会風のファッションになっていきます。

このように住む場所を変えるということは、自分を変える強制力があるんですね。

付き合う人を変える

類は友を呼ぶという言葉があるように、人間は自分と似た人間と仲良くなりやすいです。

自分より劣った人間と付き合うと、優越感が得られます。

逆に、自分より優秀な人間が間近にいると劣等感にさいなまれます。

ほとんどの人は、自分と同レベルか自分より格下の人間といるほうが安らぐため、そのようなコミュニティーを築きがちです。

自分を変えたいのであれば、自分より優れた人間と付き合うように心がけましょう。そうすると、優れた人と同じステージへ引っ張り上げてくれる効果が期待できます。

それは優れた人間がそばにいるだけで、劣等感から努力をしたり、有益な情報を仕入れたり、身近でマネやすいため自分の成長につながるからです。

おそらく今現在自分を変えたいと思っている人は、付き合う人間のレベルが低いはずです。

だからこそ、付き合う人を変えることが自分を変えることに繋がるのです。

時間配分を変える

著書では時間配分を変えることがもっとも重要と書いています。

住む場所を変えたり、付き合う人を変えれば自然と時間配分も変わると思いますので、これが一番重要なのでしょう。

時間配分を変えるということは、今まで通りのルーティンを変えるということです。

当然いままで通りの生活ルーティンでは人生は変わりません。

例えば、会社から帰って自由時間が3時間があるが、毎日3時間TVを見る生活を送っています。

この時間配分を変えようと思います。

毎日TVは1時間だけにして、残り2時間は読書をします。

毎日2時間読書についやせば、そうとう頭が良くなります。


このように、自分の時間配分を変えることで人間が変わるのです。

決意を新たにしても、何も変わってない

自己啓発本を読んで、やる気がでて決意を新たにする。

1週間は精力的に活動していたが、やがてもとに戻ってしまう。

誰にでも経験あるのではないでしょうか?

人間は1週間ていど頑張ったところで絶対変わりません。

長い長い継続により、初めて変化の兆しが表れるものです。

決意というものは、自分を変えるという点においては無意味なことなのです。

自分を信用してはいけません。人間は弱い生き物です。

だからこそ、3つの方法で自分を強制的に変えていくことが必要なのです。

同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。

アインシュタインの名言です。

同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。

説明しなくてもわかると思いますが、先の3つの方法に通ずるものがあります。

先の3つは、つまり、同じことからの脱却です。

  1. 時間配分
  2. 住む場所
  3. 付き合う人

これらを変えないで違う結果を望んでいるのであれば、アインシュタインの言うように、狂気なんです。

分かりやすい狂気の例で言うと、

スマホのロック解除を1234で試して違ったのに、また1234と入力する。これを10回も20回も繰り返す。

絶対解除できるはずないのに、もう一度試したら解除できるかも!と同じ暗唱番号を入力する。これは狂気ですよね。

科学の実験でも、Aの方法でうまくいかなかったのに、またAの方法で実験する。

普通は試行錯誤してBの方法、Cの方法と変化をさせていけばいいのに、同じことを繰り返しながら違う結果を望む。これも狂気です。

そして、この狂気は知らず知らずのうちに自分にも当てはまっているのです。

毎日同じルーティンで生活しているのに、お金持ちになりたい、モテたい、変わりたい・・・・などと、狂気です。

世の中にどれだけこの狂気の人間がいることやら。

自分では気づかないだけで、世の中にいる99%の凡人は、天才からみたら狂気なのかもしれませんね。

関連記事

理系と文系、生涯年収が高いのは○系だった!

あなたは理系?それとも文系? こういった質問をされたことがある人は多いと思います。 そも

記事を読む

なぜ退職理由で嘘をつくのか?

会社辞めます。体調不良、親の介護・・・って、それ嘘だよね?? なんでバレバレの嘘つくんでしょう

記事を読む

なぜあなたは頑張れないのか?成功者には理解できない負け組の心理|年収アップの秘訣

あなたは負け組ですか?それとも勝ち組ですか? 負け組・勝ち組なんて言葉はもはや死語のように扱わ

記事を読む

時間を投資することの本当の意味

「時間を投資する」と聞くと、いかにも意識高系用語に聞こえますよね。 でも、「意識高いね」で終わ

記事を読む

成功者の話の9割はどうでもいいこと

実業家、スポーツ選手、政治家、芸能人・・・社会的に成功している人達は皆、自分なりの哲学、自分ならでは

記事を読む

飽きっぽいことは長所か短所か

飽きっぽい人と凝り性の人はどっちが得なのでしょうか? 一般的に「飽きっぽいのは短所でもあるが、

記事を読む

「本を読むと頭が良くなる」を論理的に説明、著名人の読書量も公開

なぜ本を読むと頭が良くなるのか? 頭がいいと言ってもさまざまなケースがありますが、本を読むこと

記事を読む

上司に嫌われる残念な人の4つの特徴

最近大きな失敗をした、なんだか職場の風当たりが悪いなど、上司に嫌われている心当たりがありませんか?

記事を読む

すべての教育は「洗脳」である

ホリエモンの新刊書が出てたのでさっそく購読。 やべ・・・超いい内容・・・ ホリエモンの本

記事を読む

常識や伝統を疑え!世の中は効率的な仕事を邪魔する無駄な思考であふれてる

みなさんの周りで、「常識」や「伝統」という言葉をやたら振りかざす人はいませんか? 社会人と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

西野亮廣と堀江貴文の共著「バカとつき合うな」の内容

「バカとつき合うな」 タイトルで結論をもう言っちゃってるので、読

免許更新の視力検査を裸眼で乗り切るコツ!

病院で測ると裸眼の視力が0.1しかない私でも、運転免許の条件に「眼鏡等

キングダムハーツ3感想|初見プレイでも楽しめる?

キングダムハーツ3が2019年1月25日の本日発売されたので、早速購入

フリーランスを1年続けて気づいたこと

ここ最近は、主にウェブ記事のライターの仕事をして食べていってます。

成功者はなぜ叩かれる?脳科学的には仕方がないこと?

やたらと成功者を叩く人っていますよね。 でも、成功者を叩く行為っ

Macを安く買う方法|Apple製品購入の意外と知らない裏技

MacやiPhone、iPadなどのApple製品の購入は、Apple

怠け癖を治したい!仕事や勉強がはかどる意外な方法

私は怠け癖があります。 なんで、こんなに仕事や勉強を怠けてしまう

佐川急便を名乗るフィッシング詐欺多発!ショートメールに注意!

つい先日、「お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りま

→もっと見る

  • sio(シオ)です。(@sio_629)

    大学時代は心理学を専攻。行政書士有資格者。高層ビルのタイル工事・カラオケ店舗勤務・テレホンオペレーター・ネットワークエンジニアなど様々な職種を経験する。現在は脱サラしフリーランスとしてライター、ブロガー、プログラマーの仕事をしている。年間100冊の本を読み、理系・文系両方のセンスを併せ持ったマルチな観点から独特の記事を執筆していくことを目指す。

    詳しいプロフィール⇒プロフィール

PAGE TOP ↑