*

買う前より買った後のほうが他人の物や広告が気になってしまう理由~マーケティングに応用する

公開日: : 最終更新日:2017/06/25 マーケティング

はじめて眼鏡を買った後に、急に他人の眼鏡が気になりだす。はじめてスーツを買った後に、いままで特に気にしなかった他人のスーツ姿のファッションチェックをする。車を買った後に、別の車のパンフレットがやたら目に付く。

こんな経験だれでもありますよね。

これには次のような心理が働いているのです。

自分の選択が正しかったのか確認したい心理

人は買い物した直後に、「本当にいい買い物をした」という気持ちと、「失敗した買い物だった」という2つの矛盾した気持ちを抱えます。

この不安定な気持ちを解消しようという心理が自然と働くので、人は買った後ほど、広告を隅々まで眺めたり、他人の持ち物と比較したりします。

広告や他人の持ち物などから情報をあつめ、自分は正しい選択をしたもしくは失敗の買い物だったと、どちらかに決定させなければ気が済まないのです。

マーケティング理論ではこれを、認知的不協和の解消と呼んでいます。

認知的不協和とは、自分の中で矛盾した気持ちを抱えている状態のことです。または、このときに感じる不快な感情のことです。

この認知的不協和があるので、人は買い物をした後に、積極的に情報を集めて認知的不協和を解消するように努力してしまうのです。

認知的不協和を解消してあげてリピーターを獲得する

認知的不協和をマーケティングの面から考えてみましょう。

この「買った後に不安になる」心理をうまく利用して顧客獲得に努めてる有名企業がベンツです。

ベンツオーナーになると、オーナーだけが閲覧できる会員専用サイトがあり、車の保守履歴やドライブ履歴が見れます。それに、オーナーだけのコミュニティに入れたり、オーナー限定のサーキット体験や新型モデル発表パーティーなどもあります。

ベンツのように買った後にいろいろなサービスを受けられると、「買ってよかった」になり、認知的不協和が解消されます。当然、買ってよかったを選択したお客様はリピーターになります。

このように、買い物をした後に『良かった』のか『失敗だった』のかに揺れている不安な状態に積極的なアフターサービスをすることにより、『良かった』に持っていく工夫をすることで顧客獲得に繋がります。

まとめ

お客様は買った後ほど不安になります。

「買ってよかった」のか「失敗した」のかの2つで気持ちが揺れているのです。

その不安を「買ってよかった」に固定させることにより、リピータになってくれます。

そのためにはアフターサービスが重要です。

関連記事

カーシェアリングは自動車メーカーを脅かすのか?

最近カーシェアリングという言葉をよく聞きます。 カーシェアリングがあれば、わざわざ自動車を購入

記事を読む

流行が生まれる仕組み、イノベーター理論について知ろう

マーケティングは実は面白い!会話形式で楽しく学んでみましょう。なぜ流行が生まれるのか?イノベーター理

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ネットの速度が遅い原因は?確実に速くする4つの方法!

急にネットが遅くなることってありますよね。 そんな場合も一瞬で解

【簡単じゃないよ】ネットがあれば自宅で出来る仕事ランキング(実体験)

通勤時間が面倒、転勤したくない、親の介護、子育て、主婦、人間関係が億劫

【オペレーター必見】されるとムカつくコールセンターの対応

私は7年近くコールセンターで働いたことがあります。なので、コールセンタ

安くて速いのでenひかりに転用してみた【体験談】

とにかく一番安い光コラボにするべく、いろいろなサイトを巡り比較をしまし

【体験談】ちょっと待って!格安スマホで絶対外せない条件とは?

ついに私もドコモから格安スマホへ乗り換えました。 想像していたよ

失業保険を余裕で満額貰う方法in仙台

先日、失業保険を無事に満額貰う事ができたので、その方法を紹介します。

犬に遺産は相続できるの?遺言書の効力について簡単解説!

遺言は万能ではありません。きちんとしたルールにのっとらないと無効になり

Apple在宅勤務アドバイザーの面接で聞かれること公開します

Appleの在宅勤務アドバイザーは、自宅をオフィスにしてMacやiPh

→もっと見る

  • sio(シオ)です。(@sio_629)

    大学時代は心理学を専攻。行政書士有資格者。高層ビルのタイル工事・カラオケ店舗勤務・テレホンオペレーター・ネットワークエンジニアなど様々な職種を経験する。現在は脱サラしフリーランスとしてライター、ブロガー、プログラマーの仕事をしている。年間100冊の文庫本を読み、理系・文系両方のセンスを併せ持ったマルチな観点から独特の記事を執筆していくことを目指す。

    詳しいプロフィール⇒プロフィール

PAGE TOP ↑