*

ひろゆき『このままだと、日本に未来はないよね。』内容・感想

公開日: : 書評

ひろゆきはここ最近急にたくさん本を出してますよね。

「自分で書く」じゃなくて「ライターが書く」が流行っているからでしょうか。

無敵の思考、働き方完全無双、論破力と何冊か出していますが、毎回全くジャンルの違う内容で非常におもしろいです。

今回発売された『このままだと、日本に未来はないよね。』の内容ですが、ひとことで言うと「日本の未来予想」です。

そして、ひろゆきなりの問題解決策が論理的でおもしろいです。

『このままだと、日本に未来はないよね。』内容

いくつかおもしろいと思った内容を抜粋して紹介します。

「iPoneは売れない」という僕の予想はハズレていません

ひろゆきといえば、2008年にiPhone3が日本で発売されたときに、流行らないと予想し、見事に外しました。

これは結構有名な話なのですが、その言い訳のような内容になっていておもしろいです。

当時のiPhone3は、パソコンに繋いでアカウントを作らなければならなかったり、通話中に電源が落ちることがありました。

電話としては不十分だったため、ひろゆきは「流行らない」と予想しました。

しかし、3Gになって通信速度が早くなり、電源も落ちなくなり、iPhone4からはパソコンなしで使えるようになって、実際に日本では流行したのです。

そして、以下がひろゆきの言い分です。

つまり、普及するために必要な条件を販売後にクリアしていったわけです。もし、パソコン必須のままで今のように普及していたら僕の間違いなのですが、予想したときと条件自体が変わっていたので、条件が変わったら、売れるよね、という話です。

だから、やはり当時の僕の予想は当たっていたと思っています。

『ターミネーター』のようなAIの暴走は起きる

AIの暴走なんて映画の中だけの話だと思っていましたが、ここでもひろゆきは、冷静に分析をしています。

たとえば、頭のおかしな人が「3Dプリンター内に電力をためて、一気に放電させて爆発させる」といった命令をコンピューターウイルスをばらまくことも技術的には可能ですからね。

だから、同じようにAIの開発に携わる人が何かの表紙にAIをターミネーター化させるようなこともありえるので、現実になるのも時間の問題じゃない出ようか。

たしかに、悪意を持って操作すれば、人工的にAIを暴走させることはできますね。

火星移住より先に人類は自滅する

「地球が危なくなったら火星に移住する」みたいな話は聞いたことがある人は多いと思います。

実際に、テスラのCEOイーロン・マスクが、人類を火星に移住させる構想を打ち出しています。

でも、現実思考のひろゆきはこう言っています。

人類が移住をする必要性がよくわかりません。

たとえ環境破壊によって地球に住めなくなったとしても、そもそも地球環境を改善できないなら火星を人間が住めるようにする技術もないってことですから。

これは流石に正論すぎます。

火星に人間が移住できる技術さえあれば、地球環境改善なんて屁でもなさそうです(笑)

それと、「人口増加が原因で食糧不足になるから火星へ移住するんだ」という意見に対しても、経済合理性を考えればそりゃないだろうというこの考え方もおもしろくて好きです。

もし人口がそんなに増えることになれば、火星に行く前に隣の国から領土を奪うほうが手っ取り早いので、コストを考えると先に戦争になりますよね。

軌道エレベーターは失敗する

NASAや大林組は軌道エレベーターの構想を発表していますが、ひろゆきはこれも実現できないと予想しました。

軌道エレベーターを建設するには宇宙にたくさん人を送らなければならないので、その人たちを宇宙に飛ばすためのロケットがあるのなら、軌道エレベーターじゃなくても宇宙に行けていることになります。

言われてみればあたりまえって思いますよね。

だけど、こういう考え方をデキる人って少ないし、頭いいと思います。さすがひろゆきです。

キモくてお金のないオッサンにはうさぎを配る

タイトルだけ見るとなんのことか意味不明だと思います。

世の中には、職も友達も家族もなにもない人がいます。

そんな人が、ときに社会に迷惑をかける大犯罪を犯したり、自ら命を断つことがあります。

このような「失うことがなにもない人間」にうさぎを配れば、「俺がいなくなったらうさぎの世話をする人がいなくなる」的に考えるので、犯罪や自ら命を断つことが減るという考えです。

実際に、『人は弱い存在から頼られると幸せを感じる』というものがあります。

ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領は、貧困地域に食料としてウサギを配布しました。

ウサギは2ヶ月ほど飼育すれば、2.5キロぐらいに育つそうです。毎日の食事にも満足にありつけない人たちにウサギを配給すれば2ヶ月ぐらいしたら食べるだろうと思ったら、ペットとして名前を付け、一緒に寝てかわいがって、全然食べなかったそうです。

『このままだと、日本に未来はないよね。』ネットの反応

Aさん:「ひろゆきが書いてない感」とこの担当者の「ひろゆきに対して愛情が無い感」が出てる

Bさん:前作と比べるとただ愚痴を並べてるだけの文章の羅列なのがなんとも。
あと、ひろゆきのファンならわかるはず、みたいなレビューが気持ち悪い。

Cさん:すべて賛成できるわけではないし、雑なところ(医療関係)も多いが、やはり、ひろゆき氏の話は抜群に面白い。
話がわかりやすい。

上記はAmazonレビューより抜粋した一部です。

下記はツイッターの反応です。

『このままだと、日本に未来はないよね。』私の感想

Amazonレビューでも指摘されてしまいましたが、ファンとしては前作と比べちゃいますので、物足りない感は否めません。

ただ、そこらへんの有識者の本より全然面白かったです。

ちなみに、ひろゆきの本を買う層って堀江貴文さんの本を買う層と同じだと個人的には思います。

だけど、この二人ってぜんぜん考え方違うんですよね〜

ライターが書いてて本人は書いていないという点は一緒ですが(笑)

関連記事

西野亮廣と堀江貴文の共著「バカとつき合うな」の内容

「バカとつき合うな」 タイトルで結論をもう言っちゃってるので、読む必要あるのかな〜と悩んでいる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

マルチ商法のよくある勧誘手口の紹介!体験談を元に語ります

私が当時働いていた会社にいた先輩はとても優しくて面白い人だったのですが

光回線もうこれでいんじゃない?最強に安いenひかりの評判と手続き方法

光回線を一家に一本引くのは当たり前の時代です。 今は、光コラボレ

人口比率的に若者は選挙に行っても全くの無駄である件

民主主義の大切なイベントである選挙ですが、この高齢化社会の日本では老人

Webライターの単価交渉方法!私が記事単価アップした具体的方法

ランサーズやクラウドワークスで誰でもできるWebライターという仕事があ

【実体験】ジェネラリストの市場価値はほぼゼロですよという話

ジェネラリストとは「なんでもそつなくデキる人」のことを言います。

【超簡単】エクセルでチェックボックスの作り方!便利な活用例も紹介します

ビジネスマンに必須スキルのエクセルですが、表計算やグラフを作るだけがE

ブログは稼げるのか?の結論|雑記ブログを3年続けた結果

ブログは稼げるのか? 雑記ブログを3年間運営している私の体験談を

Excelシートの名前を連続で変更する方法|一括変換はコレだけでOK!

Excelのシートの名前を変更したいんだけど、めっちゃ量があって大変。

→もっと見る

  • sio(シオ)です。(@sio_629)

    大学時代は心理学を専攻。行政書士有資格者。趣味でアプリ作ったりしているWebライター兼ブロガーです。

    詳しいプロフィール⇒プロフィール

PAGE TOP ↑