*

【保存版】まだ格安SIMじゃないの?比較のポイント。おすすめ紹介!

公開日: : 節約術

まだ格安SIMにしていないの?

その理由の多くは「よくわからないから」ではないでしょうか。

「よくわからないから」と言って、学ぶことを拒否する人と「お得になるかもしれない」と思って学ぶ人は、生涯において大きな金銭的な差が生じます。

スマホの料金や光回線の料金など、毎月発生する費用はなるべく抑えたほうが良いというのはなんとなくわかりますよね。でも実際に行動を起こせないので、いまだに格安SIMにしていない人が多いのです。

毎月1,000円安くなるだけで、1年で1万2千円、5年で6万円、10年で12万円もお得になります。

もちろん毎月1,000円はただの例です。

この記事を読めば、人によっては毎月5,000円以上安くなることもあります。

格安SIM比較5つのポイント

格安SIMを比較するのに重要なポイントは次の5つです。

  1. 基本料金、セット割、かけ放題の料金
  2. 即日MNP対応の有無
  3. 端末購入可否や割引の有無
  4. 紛失・故障時の対応
  5. 通信速度

これら比較のポイントは、格安SIMを選ぶのに重要な順番に並べています。

それでは、いちばん重要な比較ポイントから順に説明していきます。

【比較1】基本料金、セット割、かけ放題

格安SIMは大きく分けて「データSIM」と「データSIM+音声SIM」に分かれています。

「データSIM」では090、080の電話が使えません。「データSIM+音声SIM」であれば090、080の電話が使えますし、SMSも使えます。

ドコモなどのキャリア携帯からナンバーポータビリティで乗り換え、格安SIMでも同じ電話番号を使いたいのであれば「データSIM+音声SIM」を契約します。

では、基本料金が何で決定されるかというと、「データ容量」で決まります。

こちらはDTISIMの料金表です。

データ容量 データプラン 音声プラン
1GB 600円 1,200円
3GB 840円 1,490円
5GB 1,220円 1,920円
ネットつかい放題 2,200円 2,900円

データプランが「データSIM」で、音声プランが「データSIM+音声SIM」になます。つまり、電話を使いたいならDTISIMの場合「音声プラン」を選びます。(これは各社呼び方が微妙に違います)

ちなみに、ドコモの料金がこちらです。

データ容量 シンプルプラン
1GB 4,180円
3GB 5,280円
5GB 6,280円
20GB 8,280円

パッと見すごい差だと思いませんか?

差額も表にします。

データ容量 ドコモとDTISIMの差額
1GB 2,980円
3GB 3,790円
5GB 4,360円
ドコモ20GB、DTISIM無制限 5,380円

いかがでしょうか?

想像以上に大きな差ができたと思います。

たとえば、ドコモで5GB を契約中の方が、今後1年使い続けた場合と、DTISIMへ今乗り換えて1年使い続けた場合の差額は52,320円です。5年だと261,600円、10年だと523,200円という差です。

ここまでの比較で「自分めっちゃ損してるじゃん!」と気づいた方は、今すぐDTISIMに乗り換えましょう。

DTISIMは格安SIMの中でも一番安いです。


DTI SIM

次にセット割りの説明です。

セット割は光回線とのセット割りです。

ただ、格安SIMはセット割があったとしても微々たる割引です。おまけ程度に考えましょう。

DTISIMもDTI光とのセット割で150円安くなりますが、そもそもDIT光よりも安い光回線があるので、あまりこのセットはおすすめできません。

おすすめは、スマホはDTISIM、光回線は業界最安値のenひかりです。この組み合わせが最強に安いです。

enひかり公式サイト

次に、かけ放題の料金も重要です。

基本料金が安くても、かけ放題が高いと結局は高くなってしまいます。

かけ放題とは、「5分以内の通話なら何回かけても無料」とか「10分以内の通話なら何回かけても無料」または「月に60分まで無料」などのプランです。

基本料金に、「かけ放題オプション」としてプラス料金かかります。DTISIMの場合は、「10分かけ放題オプション」が820円です。

ちなみに、3大キャリアは「かけ放題オプション」ではなく、基本プランの違いでかけ放題の有無を決めます。ドコモの「5分かけ放題」ありの基本プランは、「カケホーダイライトプラン」といいます。「シンプルプラン(かけ放題なし)」との差額が720円です。なのでたとえば、「ドコモ5GB、5分かけ放題」は、月額7,000円になります。

【比較2】即日MNP対応

格安SIMはナンバーポータビリティで乗り換えのために3日ほど電話が使えないタイプと、すぐに使える即日MNP対応のものがあります。

有名な格安SIMは、たいてい即日MNPに対応しています。

この記事で紹介する格安SIMはすべて即日MNPに対応したものを上げています。

即日MNPに対応していると、格安SIMのSIMカードが届いてから、ネットまたは電話の手続きで自分の好きなタイミングで切り替えが可能です。

【比較3】端末購入可否と端末割引

ドコモ、ソフトバンク、auでは端末(スマホ・ガラケー)が購入できますよね。

しかし、格安SIMの事業者では端末を売っているところと売っていないところがあります。

現在使っている端末をそのまま使うので、端末販売を行っていない格安SIM事業者でも構わないという方であれば問題ありません。

ただし、端末割引を使って安く手に入れたい場合などは、選ぶ先が限られます。

UQモバイルであれば、マンスリー割で3万円ほどのAndroid端末が108円で手に入ります。ただし、無料通話がついたプラン(おしゃべりプラン/ぴったりプラン)に入ることが条件です。


【UQモバイル】

格安SIM業者で購入しない場合は、AmazonやAppleストアでSIMフリー端末を購入するなどして手に入れます。

【比較4】紛失時・故障時の対応

スマホを紛失した場合は、SIMカードの停止、SIMカードの再発行が必要です。

これは自分でネットで行なうか、格安SIM業者へ電話して対応してもらいます。

格安SIMは、基本的に店舗がありません。

なので、トラブル時に自分で対応できることが重要です。

自分で対応できない方には格安SIMはおすすめできません。全国いたるところにショップがある3大キャリアを使ったほうが良いでしょう。

逆に、自分でトラブルに対応できるなら、わざわざ馬鹿高い3大キャリアを使う意味がないとも言えます。

ただ、UQモバイルなど格安SIMでも一部店舗がある会社もあります。しかし、3大キャリアと比較すると圧倒的に少ないので、基本的にはネットで完結できる人のみ使いましょう。

【比較5】通信速度

格安SIMは3大キャリアと比較して通信速度が遅いです。

これは仕方のないことなのですが、使えないほどではありません。

ただ、お祭りなどで大量に人が集まる場所だと3大キャリアのスマホは通常通りインターネットができるけど、一部の格安SIMだと遅すぎて使い物にならなかったという評判もたまにあります。

めったにないケースなので、あまり気にしなくても大丈夫だと思いますが、速度にこだわる人は格安SIMの中でUQモバイルが一番おすすめです。UQモバイルは、格安SIMの中ではダントツに通信速度が速いと評判が高いです。

おすすめ格安SIMを比較

以上の注目すべき比較ポイントに注意し、おすすめの格安SIMを紹介します。

3大キャリアから乗り換えの人を対象に紹介しますので、「データSIM」ではなく「データSIM+音声SIM」でおすすめのプランを紹介します。

UQモバイル

UQモバイルは他の格安SIMと比べてちょっと特殊です。

まず、かけ放題が無いプランはデータ容量が3GBのプランしか選べません。

かけ放題があるプランだと、「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」のS/M/Lの中から選びます。

まずはかけ放題がないプランです。

データ容量 月額基本料金
データ高速+音声通話プラン 3GB 1,680円

次にかけ放題があるプランです。

おしゃべりプラン

データ容量 無料通話時間 月額基本料金
おしゃべりプランS 3GB 1回5分までならなんどでも無料 1,980円
おしゃべりプランM 9GB 1回5分までならなんどでも無料 2,980円
おしゃべりプランL 21GB 1回5分までならなんどでも無料 4,980円

ぴったりプラン

データ容量 無料通話時間 月額基本料金
ぴったりプランS 3GB 60分/月 1,980円
ぴったりプランM 9GB 120分/月 2,980円
ぴったりプランL 21GB 180分/月 4,980円

おしゃべりプラン/ぴったりプランの上記料金は1年目の金額です。2年目以降はプラス1,000円です。

なので、基本料金はちょっと高めな格安SIMです。

ただし、おしゃべりプラン/ぴったりプランで契約し、端末もUQモバイルで購入するとマンスリー割が適用になります。

マンスリー割とは、月々の割引で端末料金が108円~購入できる端末サポートのことです。

24ヶ月間で割り引くので、最低24ヶ月は利用しましょう。

iPhoneもマンスリー割で安く買えます。

また、家族もUQモバイルにすると2台目以降は500円割引で契約できます。(おしゃべりプラン/ぴったりプラン)

それと、先ほども述べたように、UQモバイルは格安SIMのなかで一番通信速度が速いです。

また、UQスポットやUQ取扱店など、実店舗もあります。

それと、機種変更も可能です。機種変更にもマンスリー割は適用できます。

下のリンクから申込めばキャッシュバックが貰えるのでおすすめです。


【UQモバイル】

DTISIM

DTISIMは業界最安値の格安SIMです。

安い代わりに、通信速度、サポートなどは期待しない方が良いでしょう。

ただ、きちんと自分で処理できる人にはおすすめです。

たとえば、SIMカードの紛失時はサポートセンターへ電話。端末を買い替えたいときは、AppleストアやAmazonでSIMフリー端末を購入。料金明細はMYDTIで確認・・・など、実店舗がないので自分ですべて完結しなければなりません。

DTISIMの料金です。

データ容量 音声プラン 10分かけ放題付
1GB 1,200円 2,020円
3GB 1,490円 2,310円
5GB 1,920円 2,740円
10GB 2,800円 3,620円
ネットつかい放題 2,900円 3,720円

通話料が半額になるオプション「おとくコール」が無料で付けられます。なので、あまり通話をしない人は10分かけ放題を付けなくても良いと思います。


DTI SIM

LINEモバイル

LINEモバイルも端末販売があります。ただし、UQモバイルのマンスリー割のような端末サポートは無いので、「LINEモバイルの基本料金+端末分割払い」で月々の支払が高くなります。

今使っている端末を使うのであればLINEモバイルでも良いでしょう。

料金も安いほうですし、少ないですが実店舗も設けてあります。

また、特徴的なのが「LINE」の使用はデータ容量を消費しません。「Twitter」「Facebook」「インスタグラム」もプランによってはデータ容量を消費しません。

LINEフリープラン(LINEのデータ容量消費なし)

データ容量 音声通話SIM 10分電話かけ放題付
1GB 1,200円 2,080円

コミュニケーションフリープラン(LINE、Twitter、Facebook、インスタグラムデータ容量消費なし)

データ容量 音声通話SIM 10分電話かけ放題付
3GB 1,690円 2,570円
5GB 2,220円 3,100円
7GB 2,880円 3,760円
10GB 3,220円 4,100円



LINEモバイル

DMMモバイル

基本料金を比較すれば全体的にはDTISIMに劣りますが、細かいプラン設定ができる点や一部のデータ容量はDTISIMよりも安くなるなどこちらのほうがお得になるケースもあります。

DMMモバイルでは端末も購入できます。ただし、DMMモバイルで端末を購入するのはおすすめできません。

なぜなら、分割払いで購入すると一括払いよりも高くなるからです(当然割引も無し)。端末を購入するならLINEモバイルのほうがまだ安いです。

DMMモバイルは、あくまで今使っているスマホを使う方向けです。

DMMモバイルの料金です。

データ容量 通話対応SIMプラン 10分かけ放題付
1GB 1,260円 2,110円
2GB 1,380円 2,230円
3GB 1,500円 2,350円
5GB 1,910円 2,760円
7GB 2,560円 3,410円
8GB 2,680円 3,530円
10GB 2,890円 3,740円
15GB 3,980円 4,830円
20GB 4,680円 5,530円



DMMモバイル

また、DMMモバイル×DMM光のセット割ができます。

セット割はDMM光の月額料金から毎月ずっと500円割引です。これはなかなか格安SIMのセット割としては大きいほうです。

DMM光の料金

月額基本料金 セット割後
ファミリータイプ 4,820円 4,320円
マンションタイプ 3,780円 3,280円



光回線なら!DMM光

結局どの格安SIMがおすすめなのか?

いろいろ比較した結果、次のように選ぶことをおすすめします。

今使っている端末をそのまま使う人⇒DTISIM(一番安い)、プランによってはDMMモバイルも安い

端末も同時に購入したい人⇒UQモバイルでおしゃべりプラン/ぴったりプランを契約(端末サポートが受けられる)

LINE、インスタ、Twitter、Facebookを多く使う⇒LINEモバイルがおすすめ(コミュニケーションアプリはデータフリー)

実店舗があったほうが安心⇒UQモバイル、LINEモバイル

通信速度を重視したい⇒UQモバイル

SIMロック解除ってなに?

キャリアスマホから格安SIMへの乗りかえは、SIMロック解除が必要な場合があります。

必ず必要なのではありません。

たとえば、LINEモバイルはソフトバンクとドコモのどちらかの回線を使います。なので、現在ソフトバンクかドコモであればSIMロック解除不要でそのまま端末が使えます。

auの人がLINEモバイルを使いたい場合は、SIMロック解除が必要ですが、My auから簡単に行えます。

逆に、UQモバイルはauの回線を使っているので、ドコモはMy docomo、ソフトバンクはMy SoftBankでSIMロック解除しないと使えません。

SIMロック解除は、ショップへ行っても行えますが3,000円かかります。ウェブで行えば無料です。

ちなみに、今回の比較記事で紹介した格安SIMの使っている回線です。

格安SIM 回線
LINEモバイル ドコモ、ソフトバンク
UQモバイル au
DTISIM ドコモ
DMMモバイル ドコモ

3大キャリアのセット割より格安SIM

ドコモ×ドコモ光、au×auひかり、ソフトバンク×ソフトバンク光でセット割が使えます。

これは、携帯のデータプランが大きいほうが割引額も大きくなります。ただし、当然データプランが大きいと基本料金も高額です。

いくらセット割があるからと言っても、もともとの携帯料金が格安SIMと比較してかなり高いのであまりお得ではありません。

3大キャリアのセット割と比較しても格安SIMへ乗り換えた方が断然安いです。

また、今回の記事で格安SIMへ乗り換えようと思った方は、ついでに光回線も乗り換えましょう。

なぜなら、3大キャリアを辞めて格安SIMへ乗り換えれば、別にドコモ光、auひかり、ソフトバンク光である必要はありません。もっと安い光回線が他にあります。

最強に安い組み合わせは、「格安SIM×業界最安値光回線」です。もちろんセット割なんてありませんが、そもそも基本料金がダントツで安いのでおすすめです。

数ある光回線を比較した結果、最もおすすめなのが、enひかりです。

enひかり基本料金

月額基本料金
ホーム 4,300円
マンション 3,300円

おすすめの理由は他社と比較してダントツに安い基本料金です。速度も最大1Gbpsなのでドコモ光等となんら変わりません。

しかも、v6プラスが契約できるので通信速度も問題ありません。

enひかり公式サイトを確認する

安くて速いのでenひかりに転用してみた【体験談】

関連記事

【体験談】ちょっと待って!格安スマホで絶対外せない条件とは?

ついに私もドコモから格安スマホへ乗り換えました。 想像していたよりもずっと簡単で、その体験談を

記事を読む

知らなかったじゃ済まされない!ダイレクト自動車保険にするだけで5万円以上お得になる|節約は固定費から!

自動車保険にはダイレクト型(通販型)と代理店型の2種類あるのはご存知だろうか? よくCMで見か

記事を読む

NURO光は高くない!コスト削減にもなる世界最速光回線!

NURO光はSo-netの提供する光回線インターネットサービスです。 なんと、世界最速2Gbp

記事を読む

Macを安く買う方法|Apple製品購入の意外と知らない裏技

MacやiPhone、iPadなどのApple製品の購入は、Appleストアから買うのが一般的です。

記事を読む

安くて速いのでenひかりに転用してみた【体験談】

とにかく一番安い光コラボにするべく、いろいろなサイトを巡り比較をしました。 でも、ただ安ければ

記事を読む

格安SIMを徹底比較 | ネット回線とコラボでお得なのはどこ?

SIMフリー、格安スマホ、セット割りって何のこと? 「料金が安くなるんでしょ?でもよくわからな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

成功者はなぜ叩かれる?脳科学的には仕方がないこと?

やたらと成功者を叩く人っていますよね。 でも、成功者を叩く行為っ

Macを安く買う方法|Apple製品購入の意外と知らない裏技

MacやiPhone、iPadなどのApple製品の購入は、Apple

怠け癖を治したい!仕事や勉強がはかどる意外な方法

私は怠け癖があります。 なんで、こんなに仕事や勉強を怠けてしまう

佐川急便を名乗るフィッシング詐欺多発!ショートメールに注意!

つい先日、「お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りま

【視聴率の調査方法】ビデオリサーチの対象になりました

視聴率ってどうやって計測しているかご存知ですか? 我々がただTV

裁判の傍聴の方法|仙台地方裁判所に行ってきました

昔、堺雅人主演のリーガルハイを見て、「裁判っておもしろそうだな〜」と思

YouTuberがくそつまらない6つの理由

YouTuberが作る動画を本気で面白いと思って見ている人っているんで

【保存版】まだ格安SIMじゃないの?比較のポイント。おすすめ紹介!

まだ格安SIMにしていないの? その理由の多くは「よくわからない

→もっと見る

  • sio(シオ)です。(@sio_629)

    大学時代は心理学を専攻。行政書士有資格者。高層ビルのタイル工事・カラオケ店舗勤務・テレホンオペレーター・ネットワークエンジニアなど様々な職種を経験する。現在は脱サラしフリーランスとしてライター、ブロガー、プログラマーの仕事をしている。年間100冊の本を読み、理系・文系両方のセンスを併せ持ったマルチな観点から独特の記事を執筆していくことを目指す。

    詳しいプロフィール⇒プロフィール

PAGE TOP ↑