*

ドラマ「嫌われる勇気」第1話を見て、ちょっと想像とちがった

公開日: : 最終更新日:2017/06/25 エンタメ ,

本日、ベストセラー”嫌われる勇気”という心理学の本がドラマ化されたものが放送されました。

想像していた内容とは違っていてなかなか見ごたえがありました。

簡単にストーリーを説明すると、主人公が女刑事の庵堂蘭子。

庵堂蘭子はアドラー心理学を体現化している人物であり、生まれながらのアドラーとのこと。

その庵堂蘭子の部下に青山年雄という若い男刑事が新しいコンビになったということろから物語がスタートします。

庵堂蘭子は協調性ゼロで、まさに周りから嫌われるような人物になっています。そんな庵堂蘭子の性格に困ってしまう青山年雄が心理学教授の大文字哲人からアドラー心理学を学んでいきます。

 

ドラマは刑事ものですが、原作の「嫌われる勇気」は違います。

原作は、人生の壁にぶち当たっている青年アドラー心理学に詳しい哲人との対話形式でアドラー心理学を説明する内容です。

ドラマでいうと青山年雄と心理学教授の大文字哲人との対話シーンがこれにあたるようです。

アドラー心理学満載だった

1話目だけでかなりのアドラー語録が飛び出したと思います。

  • 人はみな主観の中で生きている。
  • あなたは「変われない」と決心しているから変われない
  • すべての悩みは対人関係の悩みである

犯人を追い詰めるシーンでは、犯人が犯行に及んだ理由を主人公の庵堂蘭子が話すのですが、その理由がすごく心理学的で、テンポよくポンポンとアドラー語録をぶっこむような感じでした。

主人公の性格がアドラー心理学のすべて?いや、そういうわけでもない

タイトルが「嫌われる勇気」ですが、このタイトルだけだとアドラー心理学を知らない人は絶対勘違いするだろうと思います。嫌われる勇気とはなんなのかは、ぜひ本を読んでもらいたいです。

このドラマの主人公の庵堂蘭子は初めて会う青山年雄にあいさつされても無視したり、相手に失礼なことをズバズバ言ったりしていました。

しかし、「あいさつをしない」とか、いくら本音を言うのが正しいからと言って「言わなくてもよい失礼なことを言う」とかはアドラー心理学の本質ではないでしょう。主人公と同じくおそらくアドラー心理学の体現者であろう心理学教授の大文字哲人は実に人当たりのいい人物です。原作の哲人も実に話しやすく人間味のあふれる人物として描かれています。

だから、主人公のそういう部分をアドラー心理学と勘違いされたらいやだなと思います。あくまで主人公庵堂蘭子の性格なのではないでしょうか・・・

脚本家はかなり勉強していると思った

一般的な刑事ドラマはパターンがだいたい決まっていて作るのは楽でしょう。

しかし、このような理解が難しいアドラー心理学をドラマ化するにあたって、脚本家は相当勉強したんじゃないでしょうかね。

「心理学をどう刑事ドラマに組み込むか」って結構大変な作業だと思います。アドラー心理学を理解することすら難しいのに。

刑事ドラマといってもメインは心理学なので、トリックとかは薄っぺらいし、犯人もだいたい予想つきます。だけど逆に心理学の方に集中できるのでそれでよかったと思います。

結果、想像していたよりアドラー心理学を学べる内容でした。

第2話は目的論!

アドラー心理学でもっとも印象に残る「目的論」が次回出てくるそうです。たのしみです!

こちらの記事もおススメします⇒アドラー心理学の目的論、その例と使い方

関連記事

「PPAPの何が面白いかわからない」という批判は根本的にズレてる理由

ピコ太郎さんのPPAPがyoutubeで1億回以上の再生回数を誇り、大ブームとなりました。 ジ

記事を読む

YouTuberがくそつまらない6つの理由

YouTuberが作る動画を本気で面白いと思って見ている人っているんでしょうか? 「出ている人

記事を読む

テレビの情報を鵜呑みにしないほうがいい3つの理由

テレビにはさまざまなバイアスがあります。(バイアスとは「偏り」のことです。) すこしテレビ局の

記事を読む

一発屋芸人からヒットの仕組みを学ぶ、飽きられる共通点とは?

サンシャイン池崎、ブルゾンちえみ、ラッスンゴレライ・・・毎年新しい芸人が話題になり、そして消えていき

記事を読む

ドラクエ11のプレイ感想~発売当日さっそくドラクエ11をやってみた!

7月29日(土)にドラクエ11が発売された。別にファンでもなんでもないが、ちょっと暇だったので思いつ

記事を読む

必ずハマる!人気スマホゲームに共通する4つのポイント!

私事ですが、最近「遊戯王デュエルリンクス」というスマホゲームにハマってしまい、年末年始を24時間以上

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

成功者はなぜ叩かれる?脳科学的には仕方がないこと?

やたらと成功者を叩く人っていますよね。 でも、成功者を叩く行為っ

Macを安く買う方法|Apple製品購入の意外と知らない裏技

MacやiPhone、iPadなどのApple製品の購入は、Apple

怠け癖を治したい!仕事や勉強がはかどる意外な方法

私は怠け癖があります。 なんで、こんなに仕事や勉強を怠けてしまう

佐川急便を名乗るフィッシング詐欺多発!ショートメールに注意!

つい先日、「お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りま

【視聴率の調査方法】ビデオリサーチの対象になりました

視聴率ってどうやって計測しているかご存知ですか? 我々がただTV

裁判の傍聴の方法|仙台地方裁判所に行ってきました

昔、堺雅人主演のリーガルハイを見て、「裁判っておもしろそうだな〜」と思

YouTuberがくそつまらない6つの理由

YouTuberが作る動画を本気で面白いと思って見ている人っているんで

【保存版】まだ格安SIMじゃないの?比較のポイント。おすすめ紹介!

まだ格安SIMにしていないの? その理由の多くは「よくわからない

→もっと見る

  • sio(シオ)です。(@sio_629)

    大学時代は心理学を専攻。行政書士有資格者。高層ビルのタイル工事・カラオケ店舗勤務・テレホンオペレーター・ネットワークエンジニアなど様々な職種を経験する。現在は脱サラしフリーランスとしてライター、ブロガー、プログラマーの仕事をしている。年間100冊の本を読み、理系・文系両方のセンスを併せ持ったマルチな観点から独特の記事を執筆していくことを目指す。

    詳しいプロフィール⇒プロフィール

PAGE TOP ↑