*

現役フリーランスが語る!「ライター」と「ブロガー」どっちが稼げる?

公開日: : フリーランス

こんな噂を耳にしたことはありませんか?

「ブログを書けばアフィリエイトで稼げるらしい」
「クラウドソーシングでライティングの仕事が主婦でも稼げるらしい」

この噂は、半分本当で半分嘘です。

実際に1年ほどライターとブロガーとして活躍した経験から、現実をお伝えします。

ライターとブロガーの違い

ライターとは、広い意味では記事を書く人のことであり、ブロガーもライターの1種です。ただ、今回の記事では、クラウドソーシングなどで他の人の依頼を受注し記事を書く人をライターと定義付けます。

ライターは他人に依頼され、記事を書くわけですから、その記事の公開場所はWebメディアだったり、雑誌だったりします。

クラウドソーシングではほとんどがWebメディア上に載せる記事の依頼です。Webメディアといってもいろいろあり、ニュースサイト、専門情報サイト、商品紹介サイトなどがあります。

次にブロガーですが、ブロガーとは、自分のブログで記事を書く人のことです。単純な日々の日記をブログで書く人も、稼げるかは別として、ブロガーです。

ライターと大きな違いは、誰にも依頼されていない点と、自分の記事を公開する場を持っている点です。

ブロガーは主にWordPressなどのCMSをレンタルサーバーにインストールし、そこに記事を投稿しています。自分のサイトをブランディング化するために独自ドメインを取得している人がほとんどです。

簡単に始められるのは?

始めるだけならどちらも簡単で、今日にでも開始できます。ただ、本格的に稼げるようになるには、ブロガーのほうが大変です。

ブロガーは稼ぐまでが大変

FC2、seesaaなどの無料ブログを利用したことがある方ならわかると思いますが、ブログを始めること自体は簡単にできます。ただ、ブログで稼げるようになるには、自分の書いたブログに広告を導入する必要があります。

広告にといえばアフィリエイトが有名ですが、初心者にはあまりおすすめできません。アフィリエイトは、広告をクリックされるだけではダメですし、クリック先で商品を購入しても、承認されないと収益が確定しません。

1日5000PVもあるようなサイトであれば売り上げが見込めますが、始めたばかりだと、1日10~20PVがいいとこです。

PVを伸ばすためには「更新を続ける」ことが一つの手ですが、毎日更新したとしても、ユーザーにとって魅力的じゃない記事だと、いつまでたってもPVは上がりません。

PVが少ない内は、アフィリエイトよりもGoogleアドセンスを貼りつけた方が効果はあります。アドセンスはクリック型報酬です。1クリックで10~300円の報酬が手に入るので、初心者でもやりやすいです。

ただ、Googleアドセンスの初回審査は無料ブログが登録できません。一度審査に通れば、無料ブログにも広告を貼ることができるのですが、最初っからはダメです。

そこで、「ドメイン取得」「サーバーレンタル」「WordPress導入」という3ステップが必要になります。ドメイン取得やサーバーレンタルは有料です。

WordPressをカスタマイズし、記事を書き、アドセンスの審査を受け、そして審査に合格後広告を貼り、ひたすら記事を書き続け……と続けていけば、半年ぐらいで月に1,000円稼げるか稼げないかぐらいになります。

最初に1,000円の報酬を手に入れるまで、メチャクチャたいへんです。特に、WordPressのカスタマイズなんかは、ある程度PCの知識が必要なので、向かない人は辞めた方が良いです。

ライターはすぐに稼げる

ライターの仕事の貰い先は、クラウドワークスなど、仕事を斡旋しているサイトのサービスを利用します。

基本的にWeb上だけで完結するので、クライアントと顔を合わせることはありません。

クラウドワークスには「タスク」と呼ばれる単発の仕事と「固定報酬制」という継続型の仕事があります。初めての方はタスクを行いましょう。

タスクにもいろいろあり、ライター関係の仕事だと、たとえば、「ペットに関する記事を3000文字書いてください【報酬:2,500円】」という感じでたくさん依頼があります。また、割に合わない系の仕事だと、「アンケートに答えるだけ【報酬:200円】」などと書いてあり、詳細をクリックすると、実質1000文字以上書かされるような案件もあります。

とにかく初心者の方は、たくさん受けられるだけタスクをやってみてください。そうすると、すぐにコツをつかめるはずです。タスクだけでも頑張れば1日2,000~4,000円ほど稼げます。

そして、慣れてきたころに固定報酬制にチャレンジするという流れが良いです。

ライターとブロガーのメリット・デメリット

ライターは好きな記事が書けないというデメリットがあります。ブロガーは自由気ままに書けるイメージがありますが、他人の日記なんか誰も興味ないので、稼げる記事はある程度内容を限定させないといけません。

ネタを考えるか考えないか

ライターは、「ネタを考えなくてよい」のがメリットです。クライアントが、今回はこのような記事を書いてくださいと、ある程度内容を絞った指示書をくれます。

クライアントにも良し悪しがあるのですが、きちんと細かい指示書を書いてくれるクライアントは優良です。長くお付き合いしましょう。

一方、ブログだと、「今日は何書こうかな~」といちいちネタを考えなくてはなりません。逆に言うと、思いついたことをパッと書けるというメリットでもあります。

収入の安定性

安定性で言えば、ライターのほうが優れています。固定報酬制の仕事をゲットすれば、定期的に仕事が貰えるので、「1記事4000文字で4000円」という感じで、月に20記事書けば8万円の収入になります。

専業ライターになり、クライアントを2人以上付ければ、それだけで食っていけます。

ブロガーだと、記事のヒット(PV)により報酬が前後するので、毎日1円も稼げない人もいれば、1日1万円以上稼ぐ人もいます。

ブロガーの人は、まずは1日200PVを目指しましょう。それぐらいになると、毎月1000円ぐらいはアドセンスの収入があります。いくら頑張っても200PVを超えないようであれば、おそらくブログのジャンル自体が悪い可能性があります。

長い目で見ると、自分のブログは財産になります。1日1万PVをたたき出すようなレベルになれば、毎日更新できなくても、毎月3~6万円ぐらいは手に入るので、楽して副業するには適しています。うまくいけばある意味、不労所得に近い存在になるかもしれません。

ライターとブロガーどちらでもない新しい選択肢

ライターは記事を書くことに特化していて、ブロガーはサイトの運営&記事を書く2つの作業が必要です。

では、ライターに依頼するクライアントはどうなのでしょうか。

クライアントは、ライターに記事を依頼し、納品された記事を自分のWordPressで作ったブログに載せて、アドセンスやアフィリエイトなどから広告収入を得て売り上げにし、そこからライターへ報酬を支払っています。

つまり、少なくともライターが得る報酬以上の売り上げがブログから得られているわけです。

なので、クラウドソーシングでライターに記事を依頼し、自分でサイトを運営するのが最強なのです。ただし、これは向き不向きがあるでしょう。サイトの運営は、SEOやデザインなどいろいろ大変です。ブログ運営で慣れている人には向いているかもしれません。

まとめ

ライターにしろ、ブロガーにしろ、まずは文字を書くことに慣れる必要があるので、とにかく始めることが重要です。

やっていくうちにどちらが自分に適しているかが分かりますし、どっちもやるという選択もあります。

直ぐに稼ぎたいなら「ライター」、長い目で自分のブログ(財産)を育てたいなら「ブロガー」です。

関連記事

【簡単じゃないよ】ネットがあれば自宅で出来る仕事ランキング(実体験)

通勤時間が面倒、転勤したくない、親の介護、子育て、主婦、人間関係が億劫、対人恐怖症、コミュ障、ニート

記事を読む

クラウドワークスでライティングを本気で1ヶ月やった結果 | 稼ぐコツから固定報酬制の仕事の進め方まで

クラウドワークスとは、ネット上で仕事の発注・受注ができるサイトです。会社員や主婦でも、空き時間を決め

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

成功者はなぜ叩かれる?脳科学的には仕方がないこと?

やたらと成功者を叩く人っていますよね。 でも、成功者を叩く行為っ

Macを安く買う方法|Apple製品購入の意外と知らない裏技

MacやiPhone、iPadなどのApple製品の購入は、Apple

怠け癖を治したい!仕事や勉強がはかどる意外な方法

私は怠け癖があります。 なんで、こんなに仕事や勉強を怠けてしまう

佐川急便を名乗るフィッシング詐欺多発!ショートメールに注意!

つい先日、「お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りま

【視聴率の調査方法】ビデオリサーチの対象になりました

視聴率ってどうやって計測しているかご存知ですか? 我々がただTV

裁判の傍聴の方法|仙台地方裁判所に行ってきました

昔、堺雅人主演のリーガルハイを見て、「裁判っておもしろそうだな〜」と思

YouTuberがくそつまらない6つの理由

YouTuberが作る動画を本気で面白いと思って見ている人っているんで

【保存版】まだ格安SIMじゃないの?比較のポイント。おすすめ紹介!

まだ格安SIMにしていないの? その理由の多くは「よくわからない

→もっと見る

  • sio(シオ)です。(@sio_629)

    大学時代は心理学を専攻。行政書士有資格者。高層ビルのタイル工事・カラオケ店舗勤務・テレホンオペレーター・ネットワークエンジニアなど様々な職種を経験する。現在は脱サラしフリーランスとしてライター、ブロガー、プログラマーの仕事をしている。年間100冊の本を読み、理系・文系両方のセンスを併せ持ったマルチな観点から独特の記事を執筆していくことを目指す。

    詳しいプロフィール⇒プロフィール

PAGE TOP ↑