*

クラウドソーシングのライターのお仕事で3年食ってきた経験談

公開日: : フリーランス

私はほぼクラウドソーシングのライターのお仕事のみで3年間食っていくことができました。

それはたまたま良いクライアントと出会えたからという面も大きいのですが、ライター個人の能力次第で再現性は十分高いと思います。

諸事情でライターは3年続けたのち辞めましたが(記事後半に理由あり)、この3年間で経験したことをこれからクラウドソーシングのライターで食っていこうと考えている方に向けて余すことなくお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

sio
私は、
クラウドワークス
というクラウドソーシングサイトを使って3年間ライティング業務をしていました。

もともと会社の仕事と兼業で行っていたのでライターは副業だったのですが、半年ぐらいで専業ライターに転向しました。

クラウドワークスではプロクラウドワーカーとして認定されていたので、ライターとしてはそこそこトップレベルだったかと思います。

クラウドソーシングのライターは未経験でもできる唯一のお仕事

クラウドソーシングのライター業務は未経験でもできるお仕事の代表格です。

逆に言えば、クラウドソーシングでライター以外の業務のほとんどは経験がないとできない仕事か、もしくは、1回数十円程度のゴミみたいなタスクしかありません。

なので、特段スキルのない人が副業で月に5万円~10万円稼ぎたいのであれば、ライターをするほかありません。

ブログくらいは経験しておいた方がいい

ライター業務が未経験だと言っても、文章を書く経験はある程度詰んでおいたほうが良いです。

おすすめはブログです。

ブログの毎日更新を3カ月ほど続ければ嫌でも文章を書くスキルは身に付きます。

普段文章を書く経験がまったくない人が書いた記事なんてとても読めたものではありません。

私は以前、ランサーズで発注側としてライターに記事の執筆依頼をしたことがあるのですが、それはもうゴミみたいな日本語で納品されてきました。

意外とまともな文章を書ける人というのは少ないものです。

ライターのお仕事を続けていけばライティングスキルは上達していきますが、そもそも壊滅的なライティングスキルでは雇ってもらえません。

中学校の読書感想文でライティング能力が止まっているような方はとりあえずブログから始めてみましょう。

クラウドソーシングのライターの収入はどれくらいか

クラウドソーシングのライターの収入はピンキリですが、だいたい1記事3,000~7,000文字で、1文字0.7~1.5円の単価が相場です。

たとえば、「1文字単価1円/1記事5,000文字」の記事を月に30本納品した場合、月収15万円です。

同じ単価でも月に10本しか納品しないのであれば月収5万円です。

なので、頑張り次第ではクラウドソーシングのライターのお仕事だけで食べていくことは十分可能です。

専門性で文字単価が変わる

ライターの経験者・未経験者というよりは、記事の内容が専門性が高いか低いかで文字単価が変わります。

たとえば、医療系の記事だと文字単価10円もあり得ます。

しかし、誰でも調べれば書けるような内容の記事だと文字単価0.3円程度の低いものになります。

看護師の資格を持っていたり、現役プログラマーだったり、そういった特別なスキルを持っている人が書く記事は重宝されます。

そういう人はわざわざライターなんかやらなくても本業で稼げますから、希少種なのです。

かといって、単価が高いからといって自分の専門外のライティング業務を受注すべきではありません。

その記事を書くため毎回勉強が大変すぎて自分が辛くなるだけですし、プロから見ればそんな記事は内容が薄っぺらすぎますし、他のサイトをまとめただけのキュレーション臭がきつ過ぎて使い物になりません。

クラウドソーシングのライターを辞めたいと思った

私が行っていたクラウドソーシングのライターのお仕事を時給換算すると時給1,500~2,000円ほどだったので、割りが悪いわけではありません。

それに、在宅ワークなので会社勤めの面倒な人間関係や通勤の無駄もなく有意義な人生を送れていました。

でも、いろいろと続けていくのが辛くなってしまい辞めることにしました。

3年続けたが辞めた理由

専業でクラウドソーシングのライターを3年間続けていた私が辞めた理由がこうです。

  • 微妙に専門外の記事の依頼があると勉強が大変
  • 単価が上がらなくなった
  • 飽きた
  • 別の仕事が忙しくなった

よくある理由です。

むしろクラウドソーシングのライターで3年も続けていたのはかなり長いほうなのではと思っています。

「辞めるくらいなら下請けに発注したほうがいいのでは?」

という意見もあるかと思いますが、それをやるとかなり記事のクオリティーが下がってしまうので、それはクライアントに悪いと思ってやりませんでした。

それにライター歴3年かつ専門性がある私の記事のクオリティーに近い人を見つけるのはほぼ無理ゲーだったので、、、

ライター業務と相性が良いのはクラウドワークスとランサーズどっち?

最後に、これからクラウドソーシングでライターのお仕事をはじめるならクラウドワークスとランサーズどっちが良いかということをお話します。

結論から申し上げますと、クラウドワークスのほうが絶対良いです。

なぜかというと、クラウドワークスには「追加払い」というシステムがあり、これを使うことによりクラウドワークス側に支払う手数料が安くなります。

ランサーズは単発の仕事をするには向いてますが、月に何本も記事を納品するようなライターのお仕事だと非常に使いづらく感じました。

クラウドワークスに興味を持った方は、こちらの公式サイトからまずは新規登録してみてください。
CrowdWorks

人気記事光回線もうこれでいんじゃない?最強に安いenひかりの評判と手続き方法

関連記事

ブログのネタ集めに困ったら読む記事|参考一覧も公開しちゃいます

ブロガーの皆さんこんにちは。 私、sioもブロガーの端くれです。 このブログBizCoC

記事を読む

Webライターの単価交渉方法!私が記事単価アップした具体的方法

ランサーズやクラウドワークスで誰でもできるWebライターという仕事があります。 誰でもできるか

記事を読む

【簡単じゃないよ】ネットがあれば自宅で出来る仕事ランキング(実体験)

通勤時間が面倒、転勤したくない、親の介護、子育て、主婦、人間関係が億劫、対人恐怖症、コミュ障、ニート

記事を読む

クラウドソーシングのWebライターで月10万円稼ぐコツ

クラウドソーシングとは、匿名で仕事を受注や発注し自宅にいながらネットを駆使して仕事ができるサービスの

記事を読む

フリーランスを1年続けて気づいたこと

ここ最近は、主にウェブ記事のライターの仕事をして食べていってます。 会社から給料をもらっていた

記事を読む

高いクラウドワークスの手数料を節約する方法を発見したよ

今まで謎だったのが、クラウドワークスの手数料。 なぜか高いときと安いときがあるんですよね。

記事を読む

プロクラウドワーカーに認定されましたけど何か?メリットがこれ

Crowdworksから「おめでとうございます。プロクラウドワーカーの新規認定のお知らせ」というメー

記事を読む

現役フリーランスが語る!「ライター」と「ブロガー」どっちが稼げる?

こんな噂を耳にしたことはありませんか? 「ブログを書けばアフィリエイトで稼げるらしい」 「ク

記事を読む

クラウドワークスでライティングを本気で1ヶ月やった結果 | 稼ぐコツから固定報酬制の仕事の進め方まで

クラウドワークスとは、ネット上で仕事の発注・受注ができるサイトです。会社員や主婦でも、空き時間を決め

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【論破】「時間をお金で買う」←めんどくさがりの自己正当化の言い訳

世の中にはお金さえ払えば誰かがやってくれることがたくさんあるのでその分

スキルの掛け合わせとかいう大嘘!インフルエンサーに騙される人々

数年前からとある大物インフルエンサーを筆頭に「有り金は全部使え」だの「

【完全無料】バックエンドエンジニアになるための学習ロードマップ

プログラミングスクールに通えば次に何を勉強すればいいのか教えてくれます

努力が報われる確率の計算

「努力は必ず報われる!」 こう発言した国民的アイドルがいましたが

エンジニア志望やパソコン好きにKindle Unlimitedが超おすすめな件

Kindle Unlimitedとは月額980円でAmazon電子書籍

私が高校生のころから15年間株取引で勝ち続けた5つの法則

私が初めて株取引をはじめたのは今から約15年前で2005年くらいだった

他人と比較すると不幸になるという話

どんな分野でも上には上がいますし、下を見れば自分より劣っている人間もた

世間に流れる資格不要論について|無意味って本当?

「資格なんて無意味」 これを言っていいのはその資格を持っている人

→もっと見る

PAGE TOP ↑