*

飽きっぽいことは長所か短所か

公開日: : 最終更新日:2017/06/25 キャリアアップ ,

飽きっぽい人と凝り性の人はどっちが得なのでしょうか?

一般的に「飽きっぽいのは短所でもあるが、いろんなことに興味を持つので長所とも言える」という意見が多いです。

私はちょっと違った視点で飽きっぽい人と凝り性の人どっちが得かを考えてみました。

結論はズバリ、飽きっぽいのは長所です。その理由を説明します。

良いことも悪いことも飽きっぽい

何年も飽きずに1つのことを続けると、相当その分野に精通することができます。しかし飽きっぽい人はなかなか1つの分野に精通できません。

他人より優れたスキルを身につけるには、1つの分野に精通することが重要で、社会的にも必要とされる人材です。これが凝り性であることの最大のメリットです。

しかしこれは、仕事でスキルを生かせる「良いこと」に限ります。凝り性の人が生産的なものばかりに凝るとは限りません。スマホゲームにめちゃくちゃ凝ってても仕事に生かせることはありません。

反対に飽きっぽい人は、良いことも悪いこともすぐ飽きるので、勉強など仕事に生かせる「良いこと」も、スマホゲームなどの非生産的な「悪いこと」もすぐ飽きます。

悪いことのほうが凝りやすいようにできている

凝り性の人が社会的に成功しているかというと、そうではありません。

凝り性の人はたいてい、1円も稼げないどうでもいいことに凝っています。

ゲーム、漫画、TV、映画・・・さまざまなコンテンツがありますが、これらはお客さんからお金を取って成り立つ商売です。当然さまざまなハマる仕組みを組み込んでいます。

なんでもかんでもハマりやすい性格の人は、よりハマりやすいゲームなどの非生産的なコンテンツにハマる割合が多いです。

これらハマっても1円の得にもならない非生産的なコンテンツは提供者の努力でハマりやすいようにできているのです。しかし、コンテンツの提供者の意のままにハマってしまっても、得られるものは何もありません。

対照的に、「良いこと」はなかなかハマりにくいのです。勉強やスポーツなどはゲームのように簡単にはいきません。紆余屈折があって、努力して上達していくものです。続けていれば仕事や健康増進に役立つので「良いこと」だと言えます。

飽きっぽい人でも「良いこと」を飽きにくいように工夫することは可能です。

「悪いこと」のほうがハマりやすい世の中であるからこそ、飽きっぽいほうが有利なのです。

飽きっぽい人でも飽き難くする方法

飽きるというのは人間だれでも持っている機能で、それの長短は人それぞれです。

そもそも人がハマる仕組みは、なにか物事をしたときにそれに対して脳の報酬系が刺激され快感を覚え、またそれをやりたくなるという仕組みです。

飽きっぽい人は凝り性の人に比べすぐに報酬系の動作が鈍くなります。

なぜすぐに報酬系の動作が鈍くなるか(すぐに飽きるか)は、その人が頭が良いからです。飲み込みが早く、成長が早いので、今やっている物事に新規性を感じなくなるから飽きてしまうのです。

逆に、自分の成長に見合った刺激を常に与えれば、飽き難くなります。

ドラクエに例えると、始めはスライム1匹倒すのも楽しいですが、10匹も20匹もスライムだけ倒していたら飽きます。レベルも上がってスライムに手こずることもないのに、いつまでもスライムばかりと戦っているから飽きるのです。自分の成長に合わせてドラキー⇒おおありくい⇒スライムナイト・・・など強い敵と戦っていくので飽きないのです。


ドラクエのように、自分の成長に合わせた刺激を作ることによって、飽き難くすることは可能です。

勉強の場合、ただただテキストを読んでいても飽きてしまいます。今の実力に見合った問題を解くことで飽きを防ぎます。難過ぎず、簡単過ぎないちょうど良い問題を解きます。問題ばかりも飽きるので、たまにはテキストも読みます。

このような工夫次第で飽きないようにすることは可能です。

まとめ

①世の中には凝り性をターゲットにした非生産的なコンテンツがたくさんある
②飽きっぽい人でも、続けたいことを工夫次第で飽き難くすることは可能

これらの理由から「飽きっぽい」は得する長所だと思います。

関連記事

なぜ退職理由で嘘をつくのか?

会社辞めます。体調不良、親の介護・・・って、それ嘘だよね?? なんでバレバレの嘘つくんでしょう

記事を読む

【実体験】ジェネラリストの市場価値はほぼゼロですよという話

ジェネラリストとは「なんでもそつなくデキる人」のことを言います。 それに対するのがスペシャリス

記事を読む

コールセンターの派遣ってどうなの?|6年働いた経験からお答えしよう

私は3社のコールセンターで計6年間派遣社員として働いてきました。 さらに、その経験から様々な企

記事を読む

時間を投資することの本当の意味

「時間を投資する」と聞くと、いかにも意識高系用語に聞こえますよね。 でも、「意識高いね」で終わ

記事を読む

努力が報われる確率の計算

「努力は必ず報われる!」 こう発言した国民的アイドルがいましたが、「必ず」って確率でいうところ

記事を読む

成功者の話の9割はどうでもいいこと

実業家、スポーツ選手、政治家、芸能人・・・社会的に成功している人達は皆、自分なりの哲学、自分ならでは

記事を読む

職人の技術伝達はなぜ遅い?

ホリエモンが過去に「寿司職人が何年も修行するのはバカ」と発言し批判を受けました。しかし、まさにその通

記事を読む

すべての教育は「洗脳」である

ホリエモンの新刊書が出てたのでさっそく購読。 やべ・・・超いい内容・・・ ホリエモンの本

記事を読む

人間が変わる方法は3つしかない~もっとも無意味なのは決意を新たにすること

時間と無駄の科学という本に書いてある名言です。 人間が変わる方法は3つしかない。 1つ目は時間配

記事を読む

好きなことを仕事にするという風潮はいかがなものか

誰でも好きなことだけして生きていきたいし、嫌なことはなるべく避けたいです。 昔は「仕事は辛いも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【論破】「時間をお金で買う」←めんどくさがりの自己正当化の言い訳

世の中にはお金さえ払えば誰かがやってくれることがたくさんあるのでその分

スキルの掛け合わせとかいう大嘘!インフルエンサーに騙される人々

数年前からとある大物インフルエンサーを筆頭に「有り金は全部使え」だの「

【完全無料】バックエンドエンジニアになるための学習ロードマップ

プログラミングスクールに通えば次に何を勉強すればいいのか教えてくれます

努力が報われる確率の計算

「努力は必ず報われる!」 こう発言した国民的アイドルがいましたが

エンジニア志望やパソコン好きにKindle Unlimitedが超おすすめな件

Kindle Unlimitedとは月額980円でAmazon電子書籍

私が高校生のころから15年間株取引で勝ち続けた5つの法則

私が初めて株取引をはじめたのは今から約15年前で2005年くらいだった

他人と比較すると不幸になるという話

どんな分野でも上には上がいますし、下を見れば自分より劣っている人間もた

世間に流れる資格不要論について|無意味って本当?

「資格なんて無意味」 これを言っていいのはその資格を持っている人

→もっと見る

PAGE TOP ↑